2009年11月17日

出土期

長き間、その命たちは

地中深く 息を潜めて 生きてきた。


やがて朝日が昇るその日

小さな芽を開き やってくる。


その芽は ある一点を見つめ

すくすくと命を 力の限り

伸ばしだす。

それは? その意味するものは?

やがて朝日が昇るその日

やけに黄色い花が ほころび出す。

それが自然の始まりでもある。
posted by ozzy3635 at 01:58| Comment(14) | TrackBack(0) | 私小説