2009年11月17日

出土期

長き間、その命たちは

地中深く 息を潜めて 生きてきた。


やがて朝日が昇るその日

小さな芽を開き やってくる。


その芽は ある一点を見つめ

すくすくと命を 力の限り

伸ばしだす。

それは? その意味するものは?

やがて朝日が昇るその日

やけに黄色い花が ほころび出す。

それが自然の始まりでもある。
posted by ozzy3635 at 01:58| Comment(14) | TrackBack(0) | 私小説

2009年10月05日

創世記

その頃は、まだ何も存在しない。

無という空間さえ、空という存在さえ。

しかしそれ以前は、無であり空であった。

もちろん水もなければ神を名乗る者さえいない。

漆黒の空間…いや、黒という色さえ存在しない。

そして時間さえも存在しない象限。

故に、その時がいつ来たのか?

長い間、待っていたのか?

あるいは少しの間だったのか?

とにかくその時は、突然に来たのである。




その時の始まり。




それは音の始まりであった。

音?…音とは?

万物の動く音?…風の音?



いや…



私の知らぬ時から永遠に鳴り続いていた

寸分狂わぬリズム…ビート。



そう…



すべては「音」から始まった。
posted by ozzy3635 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩篇

2008年08月19日

宮本川(2)

あの頃とは言うまでもなく、世界が誕生したその時だ。
人類が誕生した時とも言えるだろう。
そして感情が生まれたんだ。

...どうして君を好きになってしまったのだろう。

いつも通っている沿線道路は、折りからの豪雨で大渋滞。
これじゃ君の家に着くのも遅れるはずだ。

ふと見上げると時期外れの桜が舞う中、真昼の月が浮かんでいる。

...眼を凝らしてみる。

...何かが近づいてくる。

そして僕はこれから始まる長い長い戦いの幕開けを知る事となるんだ。
思わず息を呑んだ...
posted by ozzy3635 at 17:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 私小説

2008年04月11日

宮本川(1)

海。
空。

蒼い海。
蒼い空。

ここはどこだろう。
太平洋? 大西洋?
ずうっと広がる大きな景色。

いつから俺はここに居るのだろう。
昨日から? 去年から?

それとも...

...そうだ。
きっと俺の人生はここで終わるのだろうね。

いろいろ起こったようで
あまり何も無かったような人生だったかなぁ。

静かに眼を閉じよう。
そうすれば聞こえてくるんだろうか。
波の音や風の音や...空気の音...地球の声。

大袈裟かな...

...みんなはどこに居るんだろう。
あの空の向こう...きっとそうなのかなぁ。

やっぱり...静かに眼を閉じよう。

----------------------------

1961年。

北関東の外れ、大きな街。
そのやや北の方に、宮本川は流れている。
川上には(今はもう閉山となった)炭坑。
川下には(今はもう撤去された)セメント工場。
そんな宮本川の岸辺に俺の故郷はあった。
そして1961年、そこで俺は生まれたんだ。

白黒のテレビは、俺が3〜4歳の頃に家に来たんだと思う。
家族で出かけた帰り、プロレス中継(野球中継かな?)を見たくて
家に着くなり急いでスイッチを入れるが、声だけが聞こえてきて
絵はなかなか出てこない。でも巨人が負けたことだけはわかった。
絵が出たときには、上原ゆかりのコマーシャルに変わっていた。

そしてライスカレーを食べるんだ。
カレーライスじゃないライスカレー。
あの頃は確かにそう言っていた。
黄色いカレー。カレー粉を小麦粉と水と塩で溶いて
ジャガイモと人参と豚肉の入った鍋に入れる。
それがルーってこと。...かならず2〜3杯はおかわりしたよ。

家の裏に、大きな犬が飼われていた。
とても大人しい俺によくなついた犬だった。
首に短い鎖を巻いていて、小さな僕は彼の背中に股がり
金太郎よろしくお馬の稽古。
でも彼は嫌がらず、俺を乗せたまま家の周りくらいなら
平気で歩いてくれた。

庭には梅の木が生えていた。毎年、季節がくると落ちた梅を
母と一緒に拾った。梅酒を造っていたんだけれど、子供の
俺も飲んでいた。おそらく酔っぱらうって感覚、この頃からかな。

川向かいの家からは、よくビートルズの曲が聞こえていた。
その頃には珍しい3階建ての瀟洒な邸宅。
...でもきっと如何わしい仕事で稼いだ金で造った家なんだ、
って思っていた。2階にはホームバーカウンターがあったし
ステレオも最先端のマトリクス4チャンネルの豪勢なものだったし
車も2〜3台あったし、
...でも本当は如何わしい仕事ではなかったんだと思うよ。

もちろん風呂は銭湯。
国道を渡ったところにごく当たり前に銭湯があったし
別に内風呂なんてあることが珍しかったし。

毎日、祖母が面倒を見てくれていた。
両親は共働きだったからね。

...小学校へ上がる頃、弟が生まれたんだ。
それが、きっと第2章の始まりだと思うんだ。
長い旅への第2章。

そしてあの戦争もその頃から始まっていたんだ。
posted by ozzy3635 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 私小説

2008年01月29日

田手沼の坂道、バルパライソの夕日

道幅1.5mほどの市道を下った所にその家はあった。
昭和44年に竣工した一軒家は当時の流行でもあった
圧縮パルプによって建てられた家である。

市道から渡された回廊は、およそ3mほど延び、アリゾナ杉で
建造された廊下はギシギシと音を立てるがいたって元気だ。
両脇が絶壁となっており、常人の歩行では心持たない。
崖から見下ろすのは太平洋。まるでバルパライソの夕日のような
照り返しに赤く染められ、しかしとても風情の在る廊下だ。

見下ろすその家には...そう、1頭の「龍」が棲んでいた。
「臥龍」と称したその「龍」はいまは未だ深い眠りの中。
彼が目覚めるのはあと4000年後のことである。
posted by ozzy3635 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 私小説

2007年08月07日

されど我が心は満たされることもなく

喘げども、君への声は届かない。
医療センターの屋根すれすれに輝く三日月がはるか上空へと
昇っていく。
なんと美しく、そしてなんと不思議な出来事であろうか。
そしてブルースはもう歌えない。例えフレディ・キングが
軽快なリフを奏でようとも、私には為す術がない。
ましてや、かつての米軍基地後には、何やら得体のしれない
大穴がゆっくりと開きだしたのはつい先日のこと。
それさえ今の私には全くといってよいほど無関心きわまりない。

一体どうしたら、人生は輝きに満ち溢れるの?
突然の渋滞に困ったかと思えば、取り締まりの警官にも
悪態をついているような善人をはたして誰が諌めることが
できるの?

人生は歩き回る影法師。
人生は動き回る果心居士。
人生は祈り続ける祈祷師。
人生は拝み続ける創価学会。
人生はアジり続けるビン・ラディン。
人生はとぼけまくるジョージ・ブッシュ。

Hey ジョージ!
歌ってよ!夕日の歌を。
歌ってよ!あの日の歌を。
歌ってよ!魂の叫びを。
歌ってよ...

血のように真っ赤な夕日に染まった油井の為に
一家の威信を懸けたあのカラオケを。
♪私は街の子、巷の子。
そして私は...越後獅子。
posted by ozzy3635 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 私小説

2006年01月04日

トキワの空

20060103

憂春のトキワの空には一団の雪雲が通り過ぎていった。それは国分運動場から母校へ続く道すがら。降り続く粉雪はやがて吹雪のように我が身を打つ。一時ほどで雪は上がったがどうやら右足が痛い。蛇行するこの道のせいだろうか、あるいはこれまで歩いてきた人生のせいであろうか。

夕暮れ迫るトキワの空には、大怪獣の陰影が似あう。闇に迫る大怪獣は雄叫びを上げて迫り来る。それは20年前の帯広から士幌へ続く道での光景に似ている。あの時も夕暮れの中に大怪獣の雄叫びを聴いたような気がする。しかしそれも束の間。一時の感傷は全ての行いを無に帰する。喉元をすぐれば元の木阿弥ということ。
posted by ozzy3635 at 20:24| Comment(59) | TrackBack(0) | 私小説

2005年12月23日

サガワを待ちながら。

本当は2005.12.23。

ノガーワ河岸には葦の穂が揺れ、水鳥が戯れる長閑な風景が広がる。対角17インチの産業廃棄物回収を待ちながらやや寒々とした大気の中、ふとサガワ(別名:エス)の事を思い出す。彼との出会いは約45年前、北関東逆境の街・Hであった。

首から5cm角のチェーンを垂らし耳をキチンと立てやや大きめの黒目をしたサガワは身の丈6尺の偉丈夫である。彼とともに育った街・Hは北関東の太平洋沿いに存在する工業都市。背後に阿武隈山地から連なる尾根を戴く細長い街である。サガワは尾根の中腹の集落で生まれた。

子供の頃の彼を知るものは誰もいない。居るのか居ないのか、両親でさえその存在は希少なものであった。...例えば夕暮れの室内。昼間から見かけないサガワを心配した母親が呼ぶ声に暗闇から返事をするサガワ。一日中読書にふけっていたサガワは、薄暗い部屋の片隅に佇んでいた。そんな5歳の頃。
posted by ozzy3635 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 私小説

2005年12月09日

超荒野に沈む真っ赤な朝日

その時かと問われればそうかもしれないし、自らの言葉に責任を持つのだとすれば果たしてどういうことだったのかは皆目見当もつかないことが起き得る欧州の中心都市巴里。無秩序あるいは渾沌。混濁する意識。隆盛を誇る非現実的近代都市空間。

ロッキングチェアに横たわり(正確には腰を中心に斜め50°程度の傾き)遠くから訪れるはずの友人を待ちつづける。かれこれ60年ほど待ち続けたがあと40年ほど現れないかもしれない友人。

マリアの硬い茎。息づまる肉体。全身の皮を剥がれ血塗れの肉と骨を晒してまで戦った超人は(おそらくそれはウルトラマン)肋骨の間から敵に心臓を鷲掴みにされ、息絶え絶えになりながら、胸に輝く赤い心音も絶え絶えのまま、それでもなお同じく皮を剥がされ血塗れの肉と骨を晒した敵と戦いつづける。しかしてその敵とは愛する女性であるらしい。...瞳がそう語り出す。
posted by ozzy3635 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 私小説

2005年11月21日

パリ北駅までの

友人の死を背負ったままの旅は、想像を絶する悲しみと抑えきれない慟哭を改めて実感する旅となった。ドイツ・ケルン中央駅を午後2時に出発したTGVは、徐々黄昏ていく田園地帯を走り、やがてベルギーの首都・ブリュッセルに着いた。
posted by ozzy3635 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 私小説